2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

銀河

2023年8月24日 (木)

アイラス彗星_20230822

126p_20230822103901

126P/IRAS, 2023/08/21.6714, 32*60s, 20cmF8 RC x0.75RD, ASI294MC Pro (Bin=1, Gain=390, Temp=0), Square Crop, mag=13.7(SI9), start=2023/08/22 00:50:49(JST)

 

 

 

Pgc10124

彗星を画像処理したら横にモヤモヤがあったので恒星基準でスタックしてアノテーション。結構大きいしベランダ30分で写っているのでNGC天体だと思ってたら違いました。

中央は移動して延びちゃったアイラス彗星。

2022年12月 3日 (土)

銀河の大きさランキング

Photo_20221129164701

秋の銀河祭りで撮りまくった銀河たちの大きさランキングをやってみました。

視直径(楕円の長い方なので視長径)の比較。資料によって多少異なるのでステラナビゲータの値を使いました。

ついでに銀河までの距離も資料によって異なるので、こちらは銀河アノテーションの値ですが、これはLEDAのデータから計算したものだと思います。

Crop_20221129165301

2022年11月25日 (金)

秋の銀河祭り 2022/11/24-25

秋って、いつ?四季を3カ月で切るなら 9, 10, 11月が秋ですよね(熊本は 10, 11月が秋、12, 1, 2, 3月が冬、4, 5月が春、6, 7, 8, 9月が夏って感じ)

なので、今月中に秋の銀河祭りを終了させようってんで、銀河撮ってきました

Ic1613_1600_20221125154401

IC1613 ピンボケだったので撮り直ししました

 

Ngc864_1600

NGC864

 

Ngc2300_1600

NGC2300

 

Ngc2366_1600

NGC2366

 

Ngc2683_1600

NGC2683

 

Ngc2841_1600

NGC2841

 

_1025a_20221125154701 _1030b_20221125154701 _1031c_20221125154701 _1103d_20221125154801

あと2銀河か3銀河で終わりにしようと思います

 

 

2022年11月17日 (木)

NGC55

Denoiseai_ngc55_1600

NGC55, 2022/11/16.4281, 64*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

昨夜撮ろうとしたけど、20枚くらい撮ったところで曇っちゃって退散しちゃったNGC55をリトライしてきました。

いや~、この銀河は厳しい... 南中時で15度くらいしか昇らないので、低空のモヤモヤの中で撮らざるを得ず、どうしても像は悪化するし、雲が邪魔するし、モヤモヤでコントラストの低い像しか得られないし...

撮影中はほとんど確認できないレベルで淡くしか見えていませんでしたが、もっと高く昇る地域だったら明るく綺麗な銀河なんだと思います

九州で苦労するので、本州の人はコレ撮るの、かな~り大変だと思いました

 

Denoiseai_ngc300_1600

NGC300, 2022/11/16.4803, 47*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

NGC55の近くにある、これまた低く大きな銀河。M33を小さくしたような姿ですが、かなり淡いです。赤ポチが微かに写ってますが、低空で長時間露出が難しいので、撮り難いですね~

 

Denoiseai_ngc908_1600

NGC908, 2022/11/16.5315, 57*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

くじら座にある10等級くらいの銀河。ちょっと変わった腕がありますね

 

_1025a_20221117130701 _1030b_20221117130701 _1031c_20221117130701 _1103d_20221117130701

2022年11月 4日 (金)

秋の銀河祭り 2022/11/02-03

11/02早朝、11/02夜~03早朝と金峰山行ってきました。

2日早朝は雲が湧いたり消えたりで90分かかって45分くらい撮影して撤収。雲が湧いて対象が見えなくなるので撮影を中断して待たねばならず、めっちゃ疲れた...

Ngc1156_1600 Ngc1156_1600_20221103083901

NGC1156, 2022/11/01.7783, 46*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

おひつじ座の不規則銀河 2500万光年なので、色を出すには2時間くらい露出必要かな?って感じ。

 

 

途中、色々であってしまったので動画にしておきました (^^;

 

で、3対象くらい撮影しようとして1対象で終わってしまったので翌日も金峰山。

Ngc1275_1600 Ngc1275_1600_20221103084501

NGC1275, 2022/11/02.5941, 60*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

ごちゃごちゃしてるけど、これはNGC1275を中心にしたペルセウス座銀河団(Abell426)。2億光年くらい離れた銀河団。200個くらいの銀河があるらしいです。

Ngc6041_1600

こちらが春に撮影したヘラクレス座銀河団(Abell2151)。こちらは5億光年くらい離れてるので倍くらい遠いけど、見た目、大差ないですね(どっちもぐちゃぐちゃしてるし)

 

写真だと、ぐちゃぐちゃで訳わからないので、ズームしながら、ゆっくり動かして動画にしました。ペルセウス座銀河団も動画化しようかな...

 

Ngc488_1600 Ngc488_1600_20221103085301

NGC488, 2022/11/02.6423, 47*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

うお座の渦巻銀河。楕円銀河みたいに見えちゃうけど、実は細い腕がぎゅうぎゅうに巻かれてる渦巻銀河。1億光年くらい離れているのであんまり色は出ないと思います。2~3時間露出したら、ちょっと黄色味を帯びてくるかもですが...

 

Ngc1042_1600 Ngc1042_1600_20221103085701

NGC1042, 2022/11/02.6898, 60*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

NGC1042は下の方の渦巻銀河。結構淡いけど綺麗な渦巻銀河。NGC1052は明るい楕円銀河でスターバースト銀河らしいです。

NGC1035は渦巻銀河らしいですが、なんとなくそうかな?くらいの姿ですねぇ。

これを撮影終った時は3時前であと2対象くらい撮れそうだったんだけど、連日の山で疲れてたのと、無風ですごく結露してきて、ちょっとヤバい感じだったので、ここで撤収。マウス触った時にベチャベチャだったので、こりゃヤバそうと思っちゃいました (^^;

帰り道、ウサギとイノシシに遭遇。金峰山はイノシシ率高いんですよ...(怖い)

 

_1025a_20221029083201 _1030b_20221104052301_1031c _1103d_20221104052301

 

Photo_20221104173401

日付の小数はナニ?って質問頂いたので貼っておきます。24時間を1.0とした時の世界時です。

 

2022年10月31日 (月)

秋の銀河祭り 2022/10/31

土曜日2時間くらいで引き上げて日曜日寝てたので復活するだろうと思ってたけど、これがダメで夕刻になっても動く気力なく寝てたんだけど、夜中目覚めたら復活してたので1時頃から金峰山。

日曜夜(月曜早朝)ってFMラジオお休みになってる局が多くてNHKくらいしか聞こえない事が多いんだけど、金峰山は有明海周辺の局が色々入ってくるのでFM長崎を聞いてた。諫早が聞こえるのは分かるけど、佐世保も聞こえてた(内容同じだけど)

Ngc1055_1600

NGC1055, 2022/10/30.7671, 42*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

Ngc1055_1600_20221031083901

 

Ngc1073_1600

NGC1073, 2022/10/30.7266, 39*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

Ngc1073_1600_20221031091001

くじら座のM77付近の銀河。2つとも実際にM77の近くにあってグループを形成しているらしい。

 

Ngc2146_1600

NGC2146, 2022/10/30.8202, 69*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

Ngc2146_1600_20221031091201

きりん座の興味深い銀河。スターバースト銀河らしくM82っぽい雰囲気もある。腕がねじれているのは左上にある NGC2146Aが接近した時の影響らしい。

 

_1025a _1030b _1031c

_1031d

4ページ目に突入しちゃいました

 

2022年10月30日 (日)

秋の銀河祭り 2022/10/29 (2)

Fgowzl7uoaar6b41

2022/10/29 夜、鞠智城。深夜~朝まで金峰山行ってたので、2022/10/29 (2) になっちゃいました。

3名で設営して、1時間くらいしたらドン曇り。その頃、もう1名合流して4名になったんだけど、全面雲。こーゆー時、機材を片付けると晴れる事が多いので、3名を残して撤収。

 

その後、予想通り晴れたっぽいです。

 

Ngc7332_1600_20221030142901

NGC7332,  2022/10/29.4257, 54*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

Ngc7332_1600_20221030142902

NGC7331はメジャーだけど、これはマイナーな NGC7332。エッジオンのレンズ状銀河。NGC7339(中間渦巻銀河)とは実際に近距離にあって相互作用を及ぼしてるみたいです。

_1025a_20221029083201

_1030b _1030c

2022年10月29日 (土)

秋の銀河祭り 2022/10/29

0時頃目覚めてチェックしたら快晴だったので金峰山。自宅は無風だったけど、到着したら、結構な風。風上に車を置いてどうにか撮影したけど、ステライメージガイドエラー1.3でスタックしたら、そこそこな枚数が弾かれちゃいました。

今夜(10/29 土曜日夜)、鞠智城へ行く予定なので、あそこでは撮れない南側の対象を撮影してきました。

 

Ic1613_1600

IC1613, 2022/10/28.6698, 37*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

くじら座の不規則銀河。局所銀河群のメンバー。撮影時は、ドコに写っているのか分かりませんでした (^^;

 

Ngc1365_1600

NGC1365, 2022/10/28.7104, 52*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

ろ座の棒渦巻銀河。カッコいいし、大きいけど、九州でも南中時の高度が13度しかないので撮影チャンスが少ないし低空で像が悪化しちゃうのが残念

 

Ngc1637_1600

NGC1637, 2022/10/28.7600, 57*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

オリオン座に近いエリダヌス座の中間渦巻銀河。サザエの殻のフタに見えちゃう

 

Ngc1964_1600

NGC1964, 2022/10/28.8114, 57*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

うさぎ座の棒渦巻銀河。風が強かったからか像が悪いですね...

 

_1025a_20221029083201 _1025b_20221029083201 _1029c

 

 

2022年10月26日 (水)

秋の銀河祭り 2022/10/26

火曜日の夜、SCWは雲が来る予報。なので寝てたけど、夜中チェックしたら快晴だったので急遽出発。

最近良く行ってる東の山へ行こうか?とも思ったけど、1時間かかる。出発時、既に1:30くらいだったので、30分で着く西の山へ久しぶりに行くことにしました。

30分で着くって理由もあったけど、東の山が暗いのは東と南、対して西の山は西と南が暗いって差があります。明け方はオリオン座が昇るようになってきて銀河を撮るには少し西側のエリダヌス座あたりの方が良い感じになってきたってのも西の山にした理由です。

 

Ff7sjw8uuaayr9w

東の山、めちゃんこ寒かったので、ペットボトル保温装置(?)も今期初稼働。ヒートテックも着込んで行ったら、今朝はウルトラライトダウンで凌げました。昨日より5℃くらい暖かかったってのもあるけど、ヒートテック効果絶大ですねぇ。

 

Ngc1023_1600

NGC1023, 2022/10/25.7732, 30*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

Ngc1023_1600_20221026074401

 

Ngc1300_1600

NGC1300, 2022/10/25.7389, 43*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

Ngc1300_1600_20221026074501

 

 Ngc2207_1600

NGC2207, 2022/10/25.8141, 60*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

Ngc2207_1600_20221026074901

 

 

_1025a _1025b _1026c

 

Photo_20221026085301

金峰山が意外と良かったので、撮影地マップを整理してみました。東西南北は条件が良い時に見える星の光度(四捨五入)

 

2022年10月25日 (火)

銀河サイズ比較

秋の銀河祭りで銀河ばかり撮影しているのでサイズ比較。

_1025a _1025b _1025c

今季(銀河祭りは来春まで継続しちゃうけど)はどのくらい撮影できるかな?去年、F8だと1時間露出では厳しいのが多かったけど、F6にしたので1時間でも、まぁまぁなんとかなるので数増えそう。

横方向はCropしてあるけど、縦方向は同じなので、見かけの大きさを比較できます。

にしても、M33だのM31だのって反則なくらい大きく見えてるんですねぇ...(1200mmだと当然収まらない)