2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 2022年9月 | トップページ | 2022年11月 »

2022年10月

2022年10月31日 (月)

秋の銀河祭り 2022/10/31

土曜日2時間くらいで引き上げて日曜日寝てたので復活するだろうと思ってたけど、これがダメで夕刻になっても動く気力なく寝てたんだけど、夜中目覚めたら復活してたので1時頃から金峰山。

日曜夜(月曜早朝)ってFMラジオお休みになってる局が多くてNHKくらいしか聞こえない事が多いんだけど、金峰山は有明海周辺の局が色々入ってくるのでFM長崎を聞いてた。諫早が聞こえるのは分かるけど、佐世保も聞こえてた(内容同じだけど)

Ngc1055_1600

NGC1055, 2022/10/30.7671, 42*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

Ngc1055_1600_20221031083901

 

Ngc1073_1600

NGC1073, 2022/10/30.7266, 39*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

Ngc1073_1600_20221031091001

くじら座のM77付近の銀河。2つとも実際にM77の近くにあってグループを形成しているらしい。

 

Ngc2146_1600

NGC2146, 2022/10/30.8202, 69*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

Ngc2146_1600_20221031091201

きりん座の興味深い銀河。スターバースト銀河らしくM82っぽい雰囲気もある。腕がねじれているのは左上にある NGC2146Aが接近した時の影響らしい。

 

_1025a _1030b _1031c

_1031d

4ページ目に突入しちゃいました

 

2022年10月30日 (日)

秋の銀河祭り 2022/10/29 (2)

Fgowzl7uoaar6b41

2022/10/29 夜、鞠智城。深夜~朝まで金峰山行ってたので、2022/10/29 (2) になっちゃいました。

3名で設営して、1時間くらいしたらドン曇り。その頃、もう1名合流して4名になったんだけど、全面雲。こーゆー時、機材を片付けると晴れる事が多いので、3名を残して撤収。

 

その後、予想通り晴れたっぽいです。

 

Ngc7332_1600_20221030142901

NGC7332,  2022/10/29.4257, 54*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

Ngc7332_1600_20221030142902

NGC7331はメジャーだけど、これはマイナーな NGC7332。エッジオンのレンズ状銀河。NGC7339(中間渦巻銀河)とは実際に近距離にあって相互作用を及ぼしてるみたいです。

_1025a_20221029083201

_1030b _1030c

2022年10月29日 (土)

体重測定_20221029

R0014113

すのーらん 75g。微増。

最近寝てばかりで、全然出てこない。ので、当然食べてない。今週は何も食べていない。にもかかわらず体重増えてるのは、ずっとウンチしてないから。2週間くらいしてない。

 

_20221029

秋の銀河祭り 2022/10/29

0時頃目覚めてチェックしたら快晴だったので金峰山。自宅は無風だったけど、到着したら、結構な風。風上に車を置いてどうにか撮影したけど、ステライメージガイドエラー1.3でスタックしたら、そこそこな枚数が弾かれちゃいました。

今夜(10/29 土曜日夜)、鞠智城へ行く予定なので、あそこでは撮れない南側の対象を撮影してきました。

 

Ic1613_1600

IC1613, 2022/10/28.6698, 37*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

くじら座の不規則銀河。局所銀河群のメンバー。撮影時は、ドコに写っているのか分かりませんでした (^^;

 

Ngc1365_1600

NGC1365, 2022/10/28.7104, 52*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

ろ座の棒渦巻銀河。カッコいいし、大きいけど、九州でも南中時の高度が13度しかないので撮影チャンスが少ないし低空で像が悪化しちゃうのが残念

 

Ngc1637_1600

NGC1637, 2022/10/28.7600, 57*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

オリオン座に近いエリダヌス座の中間渦巻銀河。サザエの殻のフタに見えちゃう

 

Ngc1964_1600

NGC1964, 2022/10/28.8114, 57*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

うさぎ座の棒渦巻銀河。風が強かったからか像が悪いですね...

 

_1025a_20221029083201 _1025b_20221029083201 _1029c

 

 

2022年10月26日 (水)

秋の銀河祭り 2022/10/26

火曜日の夜、SCWは雲が来る予報。なので寝てたけど、夜中チェックしたら快晴だったので急遽出発。

最近良く行ってる東の山へ行こうか?とも思ったけど、1時間かかる。出発時、既に1:30くらいだったので、30分で着く西の山へ久しぶりに行くことにしました。

30分で着くって理由もあったけど、東の山が暗いのは東と南、対して西の山は西と南が暗いって差があります。明け方はオリオン座が昇るようになってきて銀河を撮るには少し西側のエリダヌス座あたりの方が良い感じになってきたってのも西の山にした理由です。

 

Ff7sjw8uuaayr9w

東の山、めちゃんこ寒かったので、ペットボトル保温装置(?)も今期初稼働。ヒートテックも着込んで行ったら、今朝はウルトラライトダウンで凌げました。昨日より5℃くらい暖かかったってのもあるけど、ヒートテック効果絶大ですねぇ。

 

Ngc1023_1600

NGC1023, 2022/10/25.7732, 30*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

Ngc1023_1600_20221026074401

 

Ngc1300_1600

NGC1300, 2022/10/25.7389, 43*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

Ngc1300_1600_20221026074501

 

 Ngc2207_1600

NGC2207, 2022/10/25.8141, 60*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

Ngc2207_1600_20221026074901

 

 

_1025a _1025b _1026c

 

Photo_20221026085301

金峰山が意外と良かったので、撮影地マップを整理してみました。東西南北は条件が良い時に見える星の光度(四捨五入)

 

2022年10月25日 (火)

銀河サイズ比較

秋の銀河祭りで銀河ばかり撮影しているのでサイズ比較。

_1025a _1025b _1025c

今季(銀河祭りは来春まで継続しちゃうけど)はどのくらい撮影できるかな?去年、F8だと1時間露出では厳しいのが多かったけど、F6にしたので1時間でも、まぁまぁなんとかなるので数増えそう。

横方向はCropしてあるけど、縦方向は同じなので、見かけの大きさを比較できます。

にしても、M33だのM31だのって反則なくらい大きく見えてるんですねぇ...(1200mmだと当然収まらない)

 

 

秋の銀河祭り 2022/10/24

Ff0pa3qvuaipkni Ff0sqg2vqaa4pyq

22時くらいまでは晴れそうだったので、最近良く行く山へ行ってみたら、結構風が強かったので、先日見つけた撮影地候補へ行ってみました(最初に行った山は見晴らし最高なんだけど、西~南は何も障害物が無い)。

ここも西~南は何も無いんだけどほぼ無風だったので設営。標高450mくらいの場所(風が強かった場所は600mくらい)

 

Ngc7479_1600

NGC7479, 2022/10/24.4745, 49*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

Ngc7479_1600_20221025043401

 

Ngc7214_1600

NGC7214, 2022/10/24.4319, 60*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

Ngc7214_1600_20221025043701

NGC7214 を中心としたヒクソン・コンパクト銀河群 HCG(Hickson Compact Group) 91。メジャーなステファンの五つ子銀河は HCG92

 

他に撮影しやすいそうなHCGとして

Hcg7

HCG7: NGC 192, NGC 196, NGC 197, NGC 201 くじら座 赤経 00h39m20.8s 赤緯 +00゚52'17"

 

Hcg10

HCG10: NGC 536, NGC 529, NGC 531, NGC 542 アンドロメダ座 赤経 01h26m05.3s 赤緯 +34゚42'35"

 

Hcg16

HCG16: NGC 835, NGC 833, NGC 838, NGC 839 くじら座  赤経 02h09m30.2s 赤緯 -10゚10'30" 

 

Hcg22

HCG22: NGC 1199, NGC 1190, NGC 1189, NGC 1191, NGC 1192  エリダヌス座  赤経 03h03m32.1s 赤緯 -15゚38'59"

Hcg40

HCG40: PGC27509など うみへび座 赤経 09h38m55.5s 赤緯 -04゚51'04" 

Hcg44

HCG44: NGC 3185, NGC 3187, NGC 3190, NGC 3193  しし座  赤経 10h17m54.0s 赤緯 +21゚49'03"

 

Hcg57

HCG57: NGC 3753, NGC 3746, NGC 3750, NGC 3754, NGC 3748, NGC 3751, NGC 3745 しし座 赤経 11h37m48.7s 赤緯 +21゚59'37"

 

Hcg61

HCG61: NGC 4169, NGC 4170, NGC 4174, NGC 4175 かみのけ座 赤経 12h12m22.3s 赤緯 +29゚11'00"

 

Hcg79

HCG79: NGC6027 へび座 赤経 15h59m11.8s 赤緯 +20゚45'29"

かなり小さな銀河が多そうだけど集まってる面白さはありそう。

2022年10月24日 (月)

ちっちゃい銀河祭り 2022/10/23

Dsc_0641

県北部は晴れそうだったので、1時間で2対象だけ撮ってさっさと帰る予定で鞠智城。

Dsc_0643_20221024061101

着いたら風が結構強かったので、銅像の影に設営。で遠方の山でピント合わせてフラット撮ろうとしたら、ハンドコントローラを操作しないのに勝手に赤道儀が回転しちゃう怪奇現象。

怪奇なんだけど、思い当たる事があって、それはフェザータッチ化。

 

反応悪すぎなハンドコントローラのボタン部分にアルミ箔テープを貼ってフェザータッチ化に成功したんだけど、アルミ箔テープの粘着力、弱そうな雰囲気で使ってるうちに剥がれてきて勝手に接触しちゃうかも?と思ってたんだけど、それが現実のものになったっぽい。

なのでハンドコントローラを開腹してアルミ箔テープを剥がそうとしたら、ドライバが太すぎてネジ外せず (-_-;

しょうがないので、一度機材を片づけてドライバー探し。電気屋行ったら無かったけど、百均で発見。鞠智城だから菊池市まで車で10分もかからずに着くので助かった。これがガチ山だったら諦めて帰るしかなかったところ。

Horizon_0001_burst20221023185319145_cove

で、百均の駐車場で怪しい処置を行って鞠智城へトンボ帰り。無事、赤道儀は動作しました (^o^;

でも、なんか薄雲あるようで眠たい空。4等星が見えないくらい。星はキラキラせず止まって見えるので春の空っぽい。なので、急遽ちっちゃい銀河祭りを開催。

Ngc7320_1600_20221024055301

Stephan's Quintet, 2022/10/23.4672, 85*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

Ngc7320_1600_20221024055701

 

Arp331_1600

Arp331, 2022/10/23.5547, 53*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

Arp331_1600_20221024055901

 

Arp273_1600

Arp273, 2022/10/23.6015, 60*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

Arp273_1600_20221024060201

 

ステファンの5つ子銀河撮ってた時、ハンドコントローラ事案の影響で50枚くらい撮ったところで子午線越えちゃったので撮影を中止して再度 GoTo++で導入しようとしたんだけど、これがうまく行かなかった。

うまく導入出来ないし、妙に星が流れるし... どうも誰かが子午線反転を誤認してるっぽい感じ。誰が犯人か不明。赤道儀(AdvancedVX)なのか赤道儀制御プログラム(CPWI)なのか撮影ソフト(APT)なのか...

子午線を超えて撮影するのは、とりあえず避けるが吉。おまけにカメラの取り付けがダメなのか反転後画像をスタックしたら、周辺が伸びちゃうし (-_-;

この問題は根が深そうな気がする...

 

2022年10月22日 (土)

APTを九州そら化しちゃいます

 

APTの音声ガイダンスを九州そら化しました。そら化したい時は、下をクリックして sounds.zipをダウンロードし

ダウンロード - sounds.zip

Photo_20221022172601

sound.zip を右クリックから「すべて展開」して

2_20221022172801

APTのTools - APT Settings - Sound にあるImportで Soundsフォルダ内の APT_sounds.xmlを指定して読み込んでください。

 

 

体重測定_20221022

R0014104

すのーらん 74g。寝てばかりで全然出てこない。

 

_20221022

銀河祭り 2022/10/20

10/20 に撮ってきた銀河(※一部前記事に出しちゃってます)

Ic342_1600

IC342, 2022/10/20.7672, 59*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

 

M77_1600

NGC1068(M77), 2022/10/20.7200, 52*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

 

Ngc660_1600

NGC660, 2022/10/20.5798, 52*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

 

Ngc672_1600

NGC672, 2022/10/20.4828, 55*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

 

Ngc1097_1600

NGC1097, 2022/10/20.6236, 50*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

 

Ngc1232_1600

NGC1232, 2022/10/20.6677, 58*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

 

Ngc7793_1600

NGC7793, 2022/10/20.5304, 49*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

 

Ngc7814_1600_20221022105001

NGC7814, 2022/10/20.4409, 45*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

 

19時~4時頃まで撮影。枚数がバラバラなのは枚数指定ではなくて時刻指定でスケジュールしたのと、風の影響などで捨てたコマがあるため

 

Dsc_0643

Dsc_0644 Dsc_0646

ここは景色もいいので夕陽が沈んで街灯りが増えていくタイムラプスとかも撮りたいんですよね~

 

 

2022年10月21日 (金)

IC342銀河

昨夜~今朝にかけて山へ芝刈りに行ってました(?)

Ic342_1600

IC342, 2022/10/20.7672, 59*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

きりん座の比較的近くに居る銀河ですが、すごく淡いです... NGC6946と似た感じだろうと思ってたらサイズ感が全然違いました (^^;

 

Ngc6946_1600_20221021125301

※先日撮った NGC6964 同一機材で撮影してあります。見かけの大きさは、こんなに違っていたとは!

IC342は700万光年と、かなり近いので大きく見えているだけだと思います

 

Ngc1097_1600

NGC1097, 2022/10/20.6236, 50*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

南に低い ろ座の銀河、かっこいい!

 

 

オリオン座流星群をタイムラプしようと思っていたのですが、さぁ撮影と思ったら一眼レフがエラー表示で動かないので急遽ASI385MCで撮りました

 

D7000

ニコン D7000 は入院と相成りました...

 

2022年10月19日 (水)

ニオワイズ彗星_20221018

000_0173_1600

久しぶりに西原村の七福神で撮影してきました

 

Seq_2rts_1600

0時頃、月が出たハズだけど、山影で、1時頃、東の空が明るくなってきたので、撤収。夕刻、2彗星を撮影し、その後は銀河を撮ってました。主に鞠智城で撮った銀河の撮り増し。

 

73p_20221018

シュワスマン・ワハマン彗星

73P/Schwassmann-Wachmann, 2022/10/18.4174, 16*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MC Pro (Bin=1, Gain=390, Temp=0), Square Crop, mag=11.0(SI9), start=2022/10/18 18:53:01(JST)

 

C2022p1_20221018

ニオワイズ彗星

C/2022 P1 (NEOWISE), 2022/10/18.4321, 16*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MC Pro (Bin=1, Gain=390, Temp=0), Square Crop, mag=12.6(SI9), start=2022/10/18 19:14:42(JST)

 

 

2022年10月15日 (土)

シュワスマン・ワハマン彗星

73p_20221014

シュワスマン・ワハマン彗星

73P/Schwassmann-Wachmann, 2022/10/14.4182, 16*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MC Pro (Bin=1, Gain=390, Temp=0), Square Crop, mag=11.8(SI9), start=2022/10/14 18:54:12(JST)

73Pがバーストしたとの情報を得たので撮影してみました。29Pもバーストしたらしいです

 

C2022e3_20221014

ZTF彗星

C/2022 E3 (ZTF), 2022/10/14.4570, 9*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MC Pro (Bin=1, Gain=390, Temp=0), Square Crop, mag=12.0(SI9), start=2022/10/14 19:53:32(JST)

夕刻の西の低空です。今後どんどん低くなります

 

 

体重測定_20221015

R0014089

すのーらん 73g。最近寝てる事が多くて、ご飯は2~3日に1回。昨日、巨大うんちをしてたのでちょっと減ったんだと思う。

 

_20221015

 

 

銀河アノテーション S2#2

 

 

M110_1600

NGC205(M110), 2022/10/05.5587, 7*120s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

 

Ngc6946_1600

NGC6946, 2022/10/05.4824, 64*120s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

 

M81_1600

NGC3031(M81), 2022/09/30.8032, 64*120s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

 

M33_1600

NGC598(M33), 2022/10/03.7818, 64*120s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

 

BGMは、Ivan Torrent - Before I Leave This World
 

2022年10月13日 (木)

(ほぼ)満月のベランダで銀河を撮る

Scw_1012

2022/10/12-13、快晴っぽかったんだけど、月齢16くらい、満月の90%くらいのサイズの月が居る困った状況。

山へ行ってもしょうがないと思ったのでベランダで撮影。月や惑星、もしくは明るい惑星状星雲あたりを撮影するのがいいと思うけど、敢えて銀河を撮ってみました。それも、結構淡い系も (^^;

結果、かなり苦しかったです(当たり前)

で、分かった事

・撮影できるけど、S/N比が悪いので色は出にくい。淡い部分ももちろん出ない(当たり前)

・月から90度以上離れた場所、出来れば120度くらい離れてる方が無難

・なるべく天頂に近い(高度が高い)方が無難

・月が無いときより短時間・多枚数が良さそう(普通に撮っちゃうと全体が白っぽい)

・焦点距離は長めが良さそう。画角が広いと月の方向だけカブったりしそう

・画像処理は控えめに控えめに控えめに

 

M82_1600r

NGC3034(M82), 2022/10/12.7882, 120*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

Ngc6503_1600

NGC6503, 2022/10/12.4977, 172*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

Ngc7640_1600

NGC7640, 2022/10/12.6108, 116*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

Ngc7814_1600

NGC7814, 2022/10/12.7020, 62*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

 

 

2022年10月11日 (火)

人生初 AliExpress するの巻

AliExpressって怖い感じがしたので、これまで手を出さなかったんだけど、ついに手を出してしまった。

R0014069

1週間くらいで普通に到着したし、例のチャイナ便に多い薄汚いビニール袋ぢゃなくてクッション入り封筒なので Amazonでヘタなものを買うより、よっぽどマトモ。

 

R0014070

買ったのは、コレ。AdvancedVXのハンドコントローラの4PモジュラーをUSBに変換するケーブル。

 

R0014071

赤道儀には、この右側の4PモジュラーをRS-232C変換するケーブルが添付されてて、そこにRS-232CをUSBに変換するケーブルをつないで使ってたんだけど、めちゃ小型・軽量化できた。

最近のハンドコントローラは最初からUSBなので、普通にUSB(2.0miniB)-USB(2.0A)接続すればいいんだけど、ウチの赤道儀はもう5年以上前のものなので、RS-232Cなんつ~絶滅した規格だったワケです(5年前でもほぼ絶滅してたと思うけどさ)。

Aliexpress2

買ったのは、コレ。もっと安いのもあったけど、送料が別で足したら大差ない価格になったのと、商品説明にキチンとAdvancedVXが明記されてたのでコレにした。

Paypalにしたら、さらに500円くらい安くなって、結局 1,653円で購入。そう言えば、先日、Paypalで1500円クーポンてのが来たので、Sharpcapの課金に使って500円で更新できたんだけど、こんな事してて、Paypal大丈夫なの?って心配になった (^o^;

 

いや~、AliExpressって、商品届かなかったらどうしたらいいの?とか返品とか出来るの?って思って怖くて手を出さなかったけど、普通に買えました(今回は)。

特に困った事はなくて、「コレをおすすめします」的なメールがバンバン来るけど、そこはYahooとかも同じだしね。

でも、やっぱ多用するのは、ちょっと怖いねぇ

 

追記 この製品、欲しい人って、ほとんど居ない気がするんですよ

1. 古いハンドコントローラーを使ってて、PC接続する人は、RS-232C-USB変換ケーブルを使ってるはず(私もそうだった)

2. 新しいハンドコントローラーの人は最初からUSBケーブル直結なので、こんなもの要らない

なので、これが欲しい人って、全世界相手にしても10人くらいぢゃないの?と思ってたんだけど、AliExにも、いくつ売れたか表示する機能があったので確認すると... 8個でした。もう、ほぼそれで全部ぢゃね?と思う数... いくつ売れると思って製造したんだろう?受注生産って訳でも無さそうだし...

 

2022年10月 8日 (土)

銀河アノテーション シーズン2 #1

 

今シーズンは 200mmF8 RitcheyChretien + x0.75 Reducer で2時間露出(64*120s)を基本に撮ってみようと思います。前回は 200mmF8で1時間(32*120s)だったので、4倍露出相当になるはずですが、どうなる事やら...

 

Ngc6822_1600

NGC6822, 2022/07/01.6609, 32*120s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

 

Ngc2403_1600

NGC2403, 2022/09/30.7034, 64*120s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

 

M74_1600

NGC628(M74), 2022/09/30.6056, 64*120s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

 

Ngc7331_1600_20221008090101

NGC7331, 2022/09/29.5034, 57*120s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

 

Ngc7741_1600

NGC7741, 2022/09/30.5006, 64*120s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MCP(Gain=390, bin=1, Temp=0), No Crop

 

BGMは、Journey Soundtrack (Austin Wintory) - 17. Apotheosis の一部

 

 

体重測定_20221008

R0014059

すのーらん 74g。食欲旺盛

 

_20221008

R0014060

 

 

2022年10月 4日 (火)

9/29-9/30 鞠智城

もう9月も終わりだねと思いつつ、鞠智城で銀河祭りしてきました。

 

9/29 は誰もいない鞠智城で寂しく NGC7331 を撮影。2分で64枚撮りたかったけど、最後の方で曇っちゃって撤収。

 

 

9/30は、仲間2人と一緒に鞠智城。夕刻は曇ってたけど、21時過ぎたら快晴で久しぶりに朝まで完走しました。

この夜は、かなり普通ぢゃなくて、他にも星を撮りに来てるグループがいくつかあって、深夜の鞠智城のあちこちでガヤガヤ賑やか。おばちゃんとおばあちゃんに質問責めにあったりして大騒ぎでした。

で、いくつか撮影出来たので、ジワジワと動画ネタにしたいと思います。

 

 

2022年10月 2日 (日)

セレストロンのハンドコントローラをフェザータッチにしました

セレストロンの AdvancedVX赤道儀のハンドコントローラ、ものすごく反応が悪い。

ボタン押しても反応しないことがしばしば。なので開腹して接点を掃除したりしていたんですよ。

 

CPWI接続だとハンドコントローラは一切触らずに赤道儀を制御出来るようになったので、これでいいんぢゃん!と思ってたのだけど、PC制御しない時はハンドコントローラ使う事になるんですよね (^^;

 

CPWI 関連はたくさん動画を作ったので、詳しくは視聴しちゃってくださいませ。

 

で、PC制御しない時のために、ハンドコントローラをフェザータッチにしました。以前、動画のコメントだったと思うけど、アルミ箔とかを貼っちゃうといいと聞いていたので実践です。

 

R0014042

ハンドコントローラを開腹してボタン部分を取り出してアルミテープを貼ります。

 

R0014043

アルミテープって導通するよね?って一応確認。

 

使ったのはコレ。

 

R0014044

全部のボタンにチクチク貼ります。

 

R0014045

元の場所に戻してフタを締めます。

 

で、実際にどうなったかって言うと、それはもうビックリするくらいフェザータッチ。軽く触れればスグ反応します。

加工する前の「全力で押せば反応する時もある」って操作感を知ってるだけに、有り得ないくらい楽になりました。

メーカーとか代理店に知られたら怒られそうな気もするけど、怒る前に改善してよ... とも思いますよね

 

 

私はハンドコントローラを2つ持ってるんだけど、USBのタイプは比較的操作性良いです。モジュラーRS-232C経由の方が悪いので、今回やったのはモジュラーの古いヤツの方。

古いコントローラで操作性良くしたいけど、開腹は怖くて嫌って方はUSBの方を購入するって財力にモノを言わせる手もあります(ただし、ファーム書き換えとかは必要になるかも。ハンドコントローラは色々な架台に対応しているので対応ファームにする必要があります)。

 

昔、ファームをアップデートした時の記事。多少変わってるかもなので、「セレストロン ファーム アップデート」とかでググってみてください。

※アルミテープ貼り付けフェザータッチ化は効果バツグンでしたが、自己責任でお願いします。壊れても私やメーカなどにクレームを入れないでね。

 

2022年10月 1日 (土)

小惑星ディディモス

昨夜、鞠智城で部活

驚いたことに星を撮りに来てる人達が2組居て、ウチのチーム(?)は3名だったけど、最大派閥ではなかったっぽい

夕刻、ドン曇りだったけど、SCW予想より良く晴れて、21時過ぎからほぼ快晴。途中、雲が通過した事はあったけど、ガイドがロストすることもなく、朝まで完走

なので、さっさと寝なきゃなんだけど、動画編集したりブログ書いたりして、イカンな~と思ってます (^o^;

 

で、先日 NASA の DART で探査機をぶつけて軌道を変えちゃった小惑星を撮ってみました

※Google で "NASA DART" 検索をするとビックリします

 

 

 

65803_20200930

(65803) Didymos, 2022/09/30.7558, 8*60s, 20cm F8 RC + x0.75RD, ASI294MC Pro (Bin=1, Gain=390, Temp=0), Square Crop, mag=13.4(SI9)

細い尾のようなものが写っている写真もあるけど、南の低空なので、南が開けて光害の少ない場所で撮れるかどうか?くらいの難易度みたいです

 

体重測定_20221001

R0014039

すのーらん 73g。食欲旺盛だけど、なだらかに増加させたいので、2日に1本に抑制。ちょっと可哀想だけど

 

_20221001

 

 

« 2022年9月 | トップページ | 2022年11月 »